読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツライフを謳歌する日常の日記

スポーツに関わる仕事をしています。これまでの苦労や知恵など共有できればと思います。

どうすれば速く走れるか?

速く走ることは,子どもにとっては勉強ができることや腕力が強いことと同じか,それよりも重要度が高いと思う.少なくとも私が小学生,中学生時代はそのように思っていた.

 

最近は速く走るための指導書なども沢山出版されている.

共通することは,走る速さは生まれつきで決まる訳ではなく,上手に走ると誰でも走力がアップするということではないだろうか.

 

確かにそのことには100%納得できるが,男性で考えて誰もが100mを10秒50以内で走ることは難しいと思う.100m12秒台の選手が11秒中盤で走ったり,11秒中盤の選手が10秒台で走れるようになったりということは可能だあろう.したがって成長期の小中学生は発育発達段階に個人差があるので,記録や他人との比較で考えるよりも,個々の現状の走力を如何にアップさせるかという意味で理解することが重要であるように思う.

 

走力 =  ①ピッチ × ②ストライド  と定義すると

 

①ピッチをどれだけ限界まで上げられるか,②ストライドをどれだけ広げられるか,と単純に考えることができるが,ストライドを広げ過ぎるとピッチが上がらない,あるいはピッチを上げ過ぎると走りが小さくなり,ストライドが広がらないという問題が出てくる.なので個々のちょうど良い加減のピッチとストライドの割合を見つけることも重要であろう.

特に運動会の徒競走を見ていると,極端にストライドが長くピッチが遅い子がいたりするので,このような選手は少し指導するだけで速くなるであろう.あるいは,速いピッチで足を動かした経験がないのであれば,速いピッチの走り方を練習すれば簡単に速く走ることができるだろう.

 

①ピッチを上げる練習 (腿上げ,踏みつけ)

1)ラダー系

2)ミニハードル系

3)腕振り

 

ストライドを広げる練習

1)バウンディング系

2)ハードルジャンプ系

3)ボックスジャンプ系

4)立ち幅跳び

5)ストレッチ系,股関節ドリルなど

 

今回はピッチとストライドに絞ってまとめたが,実際には上半身と下半身のバランス,腕の振り方(肩甲骨),体幹の使い方(骨盤,股関節)など個々の選手に応じて考えなければいけない.

 

どうやったら速く走れるかという単純な問いに対する回答は,技術論では,速く足を動かす,ストライドを伸ばす,その為には,股関節,肩甲骨を大きく使う,腰が落ちない,軸がぶれないなどになるであろう.ではどうやったら,そのような技術が身に着くかと言ったらそりゃ練習しかないだろうが,小さいうちから外で良く遊び,豊富な運動経験を持つことが重要ではないだろうか.

 

 

 

 

自転車通勤の道路事情

自転車通勤が身体の健康にとって,良いことは前回の記事でまとめたが,いざ自転車で道路に出てみると困ったことがある.それは,自転車でどこを走れば良いのかという問題である.つまり,車道を走るのか,歩道を走るのかという問題がある.

 

自転車は道路交通法では軽車両に分類され,原動機を持たない馬車や牛車と同じ扱いだそうだ.いやいや,馬車や牛車って私が生まれてから観光地以外で約40年見たことないな.それはともかく,ルールとしては原則道路の左側端を走ることとなっている.いやいやそれはわかるが,ほとんどの人が自転車で歩道上を走っているではないか.車道なんてとても危なくて自転車では通れない,或いは勇気がいると思うかもしれない.

 

だがしかし,実際にある程度の速度(時速20㎞ほど)で走ってみると車道が一番走りやすいことに気付くはず.歩道では自転車通行が可となっているところもあるが,あくまで歩道は歩行者が最優先なのであまりスピードは出せないし,段差も多く走りにくい.

また,一旦自転車で歩道を走っていて,歩行者がいたので車道に出て,また歩道に戻って車道に出てという走行をしていると,車道を走る車から見ても危険が多い.

もう一つ,歩道を走っていて危ないと思うことは,左側から車道に出てくる車に気付きにくいということもある.ということで自転車は原則車道の左側走行をすることになっている.

 

実際に毎日自転車通勤をしていて危ないと思うのは,車道の左側を走っているのに正面から自転車が突っ込んでくることが如何に多いかという問題がある.平均すると毎日3~5人ぐらいに遭遇する.この自転車が車道の右側を走ることを逆走というが,これは違反行為にあたる.

 

詳しくは,以下のサイト参照.

www.think-sp.com

 

 

早く日本の道路も欧州のように車道と自転車道と歩道をセパレートした形式に整備されると良いのにと思うけど,日本は戦後車産業で景気を回復させて国を作ってきた歴史があるので中々通り一遍にはいかないだろうが,そろそろ人にやさしいまちづくり,道路づくりに本気で取り組むべきではないだろうか.

 

f:id:shiranaitoson:20160805230955j:plain

 

自転車通勤でダイエット

 

ダイエットに関わる話は古今東西,話題に事欠かなく,”〇〇を食べたら痩せた”だとか,”ジムに通って〇〇運動を行うと効果がある” だとか最近では,”低糖質ダイエット”なんてのも流行っている.確かにどれも効果があるのだろうが,シンプルに考えると食べたエネルギー量よりも使うエネルギー量が多ければ太ることはないという単純なことではないかと思う.そりゃ,単糖類より多糖類が血糖値が上がりにくいとか,トランス脂肪酸は身体に悪く,オメガ3脂肪酸がエネルギー源や細胞膜の構成上重要だとかはあるけど,これらのことは今は少し置いておいて話を進める.

 

f:id:shiranaitoson:20160804221451j:plain

 

運動不足を補うためにお勧めなのが,自転車通勤.何て言ったって,ジムに通うのはお金もかかるし,時間も足りない,だからといって食事を制限するのは人生を否定された気分になるし.

 

ということで,自転車通勤を始めてみたら効果てき面.私は片道60分,週2~3日は自転車通勤,残りは電車か車.減量効果はあるし,体力もついたし,おまけに仕事にも集中できていると感じる.

 

では,さっそくこれから自転車通勤を始める方へのアドバイ

自転車通勤にチャレンジ!

 

1.まず,道を調べる. 

  ルートラボ - LatLongLab

  Google マップ

  これらを使うと簡単に道が分かります.おまけに,大凡の時間も分かります.

  スマホに登録しておくと,いざ道に迷っても安心ですね.

 

2.自転車のメンテナンスをする.

  サドルの高さとタイヤの空気圧,そしてギアへ油をさす.

  夜になるならばライトも必要ですね.

 

3.リュックサックを準備する.

  着替え,雨具(カッパ),パンク修理キット,捕食・飲料水 があると便利.

 

4.はじめは無理せず,週1日から.意外と疲れるかもしれないし,時間がかかる

  かもしれないので,慣れたら週2〜3日と少しずつ増やしていきましょう.

 

5.天気予報を良くみてから,いざ出発.行きは晴れても帰りは雨かもしれない

  のでよく確認しましょう.

 

ということで,次回は実際に自転車通勤での走り方や道路の問題について触れようと思います.

 

 

 

 

 

野球部員は何故,坊主頭なのか? 

息子が硬式野球部に入部した。野球部といえば坊主頭。

野球経験のない私は、何故、野球部員は坊主じゃなきゃダメなのか、別に野球が上手ければ長髪でも良いのではと常日頃、思っていた。

ところが

いざ、坊主頭の野球少年と一緒に生活をしていると、この坊主頭が中々理にかなっている。そこで、野球部員が坊主頭にすることのメリットをまとめた。

 

1. シャンプーが楽。もはや石鹸のみでOK。

2. 練習中に帽子をかぶるので、髪が長いとじゃま。汗疹の予防。

3. チームスポーツなので、全員が同じ坊主頭だと一体感が生まれる。 

4. 気合いを入れてボールに集中。

 

ということで、この坊主頭を維持するために1000円カットに通っていたのだが、坊主頭を維持するには2週間に1回は散髪しないと、ツンツンのフサフサ頭になってしまう。意外とコスパが悪いので、バリカンを買って自宅で散髪することにした。

f:id:shiranaitoson:20160802150437j:plain

 

使い方は、至ってシンプル。

用意するものは、バリカン、ヘアエプロン、椅子、掃除機

 

1. まず、椅子に座らせヘアエプロンを付ける。

2. バリカンのスイッチを入れて、下から上に向かって刈る。

   ポイントは、様々な方向から刈ることによって、長さを揃える。

3. 最後に裾の切り残した部分を仕上げる。

4. 掃除機で落ちた髪を吸い取る。

 

わずか10分ほどの作業で完了^_^

今回は五厘刈りでしたが、3mm や6mmの方がアタッチメントが使えて楽ですよ。

f:id:shiranaitoson:20160802151932j:plain

 

使い終わったバリカンは、水で髪の毛を流して、次回使う時のためにオイルを付けてメンテナンスしておきましょう。

f:id:shiranaitoson:20160802152254j:plain