読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツライフを謳歌する日常の日記

スポーツに関わる仕事をしています。これまでの苦労や知恵など共有できればと思います。

マレットフィンガー

野球少年の息子が、左手中指を突き指したという。

 

アイシングして、その後湿布でも貼っておけば、と言っていたのだがどうも腫れが治っていない様子。痛みはないらしく、バッティングも好調。

 

それでも右手の中指に比べると1.3ぐらい太くなっているので、受傷5日後に近所の整形外科を受診させた。レントゲン撮影の結果、脱臼、骨折しているらしく、そこの病院の先生はお手上げで、指の専門医を紹介され翌日、大病院に行き診察。

 

大病院の専門医が徒手手技で整復を試みたが、その後のレントゲン撮影でも整復できていないことが判明し、詳細を調べるためにCT撮影をすることになった。3次元の画像で様々な角度から検討した結果、マレットフィンガーと診断され、その日のうちに手術をすることになった。

 

たかが突き指だと思ったのが誤りで、例え痛みがなかったとしてもきっちりと治療が必要だ。原因はグローブをして左手でボールをキャッチした際に、手のひらではなく指の先付近でキャッチして突き指状態になり、グローブの中で逃げ場のない第二関節が固定された状態で、第一関節が ボールの勢いで急激に伸ばされたことが考えられる。

 

治療には1〜2ヶ月ぐらいかかるようだ。この間にしっかり走り込んで、身体を鍛え、手が治る頃には一回り成長していて欲しいものだ。

 

X線撮影  受傷後1W

f:id:shiranaitoson:20170304162923j:plain

 

CT撮影  受傷後1W 

f:id:shiranaitoson:20170304163010j:plain

 

左は術前、右は術後

f:id:shiranaitoson:20170304173011j:plain

 

術後の状況  針金が2本入っている

f:id:shiranaitoson:20170407232258j:plain

 

右写真、術後4w1d で固定針金を抜き出した。  まだ第一関節の背面の骨形成が不十分

f:id:shiranaitoson:20170407232543j:plain

 

 

左写真はピン抜き出し後、5d              右写真はピン抜き直後    

f:id:shiranaitoson:20170407233749j:plain

 ピン抜き直後から5日後には少し骨形成が進んだ様子。

完全回復まではもう少しかかりそう。