読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツライフを謳歌する日常の日記

スポーツに関わる仕事をしています。これまでの苦労や知恵など共有できればと思います。

自転車通勤の道路事情

自転車通勤が身体の健康にとって,良いことは前回の記事でまとめたが,いざ自転車で道路に出てみると困ったことがある.それは,自転車でどこを走れば良いのかという問題である.つまり,車道を走るのか,歩道を走るのかという問題がある.

 

自転車は道路交通法では軽車両に分類され,原動機を持たない馬車や牛車と同じ扱いだそうだ.いやいや,馬車や牛車って私が生まれてから観光地以外で約40年見たことないな.それはともかく,ルールとしては原則道路の左側端を走ることとなっている.いやいやそれはわかるが,ほとんどの人が自転車で歩道上を走っているではないか.車道なんてとても危なくて自転車では通れない,或いは勇気がいると思うかもしれない.

 

だがしかし,実際にある程度の速度(時速20㎞ほど)で走ってみると車道が一番走りやすいことに気付くはず.歩道では自転車通行が可となっているところもあるが,あくまで歩道は歩行者が最優先なのであまりスピードは出せないし,段差も多く走りにくい.

また,一旦自転車で歩道を走っていて,歩行者がいたので車道に出て,また歩道に戻って車道に出てという走行をしていると,車道を走る車から見ても危険が多い.

もう一つ,歩道を走っていて危ないと思うことは,左側から車道に出てくる車に気付きにくいということもある.ということで自転車は原則車道の左側走行をすることになっている.

 

実際に毎日自転車通勤をしていて危ないと思うのは,車道の左側を走っているのに正面から自転車が突っ込んでくることが如何に多いかという問題がある.平均すると毎日3~5人ぐらいに遭遇する.この自転車が車道の右側を走ることを逆走というが,これは違反行為にあたる.

 

詳しくは,以下のサイト参照.

www.think-sp.com

 

 

早く日本の道路も欧州のように車道と自転車道と歩道をセパレートした形式に整備されると良いのにと思うけど,日本は戦後車産業で景気を回復させて国を作ってきた歴史があるので中々通り一遍にはいかないだろうが,そろそろ人にやさしいまちづくり,道路づくりに本気で取り組むべきではないだろうか.

 

f:id:shiranaitoson:20160805230955j:plain